この地で ここの人たちと

もっと暮らしたいと思いました

緑のふるさと協力隊は

若者が農山村で暮らしながら 地域のお手伝いをする

1年間のチャレンジ

地域を元気にしたい農山村と

自然の中で思いきり体を動かし 夢中になれるものを求める若者たちの

思いをつなげてきました

一生懸命に動く隊員を

地域の人たちはあたたかく迎え入れ 優しく見守ってくれます

そこにあるのは 多くの人との出会い つながり たくさんの学び

地域の人たちと一緒になって 悩み 考え 動いていくうちに

いつしか見えてくる

自分の「こう生きていきたい」という思い

「どんなふに仕事をしようとも 大切なのは自分の気持ち・生き方」と語る隊員たち

五感をフル稼働させ 生きること 働くことと向き合う時間が そこにあります

あなたも「生きる」を実感しませんか?