緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

ふるさとQ&A

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

①協力隊になったらどのような活動をするの?<農林業編>

1年間のなかで、地域のさまざまなことに関われるのが協力隊の特徴の一つですが、そのなかでも全員といってもいいほど携わるのは、農林業などの「第一次産業」。もちろん、隊員の多くはそのような農作業の経験がない人ばかり。協力隊は、すぐ戦力になることが目的ではなく、まずは一生懸命取り組み、地域の人との信頼関係を築くことが大切です。

s-0205写真①s-0205写真②

隊員のレポートのなかから、農作業の様子が見えてきます。

「稲刈りなんてやったことも見たこともなかった。収穫してから乾燥させ、もみを取り、やっと玄米になるという工程をふむため手間がかかる。米の値段が低いということも聞き、米作りは大変だと思った。」

日本人の主食である米、実際にどこで、誰が、どんな風に作っているのか、あなたは知っていますか?

農作業の大変さを実感した隊員たちも。

「農作業は、一つ一つが地道な作業で、さらにこれに天気と相談して、計画立てて…。普段食べているものが実はこんな風に人の手によって作られているのかと初めて知った。」

山の仕事“林業”を手伝った隊員の声。

「山仕事している方と話することはとても刺激になる。72歳でも現役で山仕事をしている人、特に知識が豊富で魅力的。一緒に活動できるときは、積極的に話しかけたい。」

s-10449976_510677389033292_9209523268797154443_n

都会で豊かな暮らしができているのは、こうしたいのち育む農山村があるからこそ。
緑のふるさと協力隊は、こうした実体験を通して、地域の暮らしを知ることができます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ