緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

ふるさとQ&A

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

②協力隊になったらどのような活動をするの?<地域行事編>

農山村には、古くから受け継がれてきたさまざまな伝統行事や、季節ごとの祭りなど、地域ごとに多くの行事があります。それらは、その地域に住む人が自分たちで守ってきたもの。「人が減ったから」「若い人がいなくなったから」そんな理由で続けていくことが困難になっているところもありますが、協力隊は積極的に参加します。

s-0209写真① s-0209写真② お盆を地域で過ごした隊員の声。

「迎え火や送り火、松明など…田舎のお盆が初めてだった。集落の親戚の方と話すことも多く、いつもと違う風景を見た。この場所を守っていかないと、という集落の方の伝承の意欲を再確認した。」

行事が多いと、隊員も引っ張りだこになり、忙しい毎日に!

「運動会、祭りなど地域行事が多い月だった。仕事に加え土日も出てきて、運営に参加する。休みなく動き、田舎の方が都会より忙しいかもしれない。しかし、皆どこか活き活きと楽しそうにしているのが印象的だった。」

伝統的な「神楽」に参加させてもらう隊員も多くいます。

「神楽会や、有志のお母さま方の舞謡会の仲間に入れていただき、普段接点があまりなかった様々な世代の方と交流することができました。血縁関係や世代の隔たりなく、地域文化を継承するためにある組織である神楽会は、貴重な存在であると感じます。」

「面白いなと思ったのが集落ごとでの神楽の違いです。一つの舞がある集落と無い集落。同じ舞でも動きが違っています。集落ごとに口伝えで伝わってきたからこそであり、歴史を感じるものでした。」

貴重な担い手の一人として、多くの出番とチャンスがある緑のふるさと協力隊。

その経験を通して、隊員も地域の一員となり、「地域」という社会を深く知ることができます。

s-0209写真③

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ