緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

ふるさとQ&A

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

④協力隊になったらどのような活動をするの? <福祉・お年寄り編>

協力隊が活動する農山村は、高齢化が課題となっている地域が多く、活動や暮らしを通して多くのお年寄りと接する機会があります。都会にいると異なる年代の方と関わることが少ないですが、農山村には魅力あふれる「人生の先輩」とのたくさんの出会いが待っています。

0216写真① 0216写真②  「おばあから興味深い話を聞いた。方言といっても村内で大きく分けて2つあるらしい。先祖によって言葉づかいが異なるそう。教えてくれたおばあもそれを知ったのは大人になってからだそうで、身分や職業によって方言が違うのはおもしろいなと思った。」

「実際に経験してきた人の言葉は、教科書で勉強するよりもずっと伝わりました。本当の生きるための力、知恵を感じました。まだまだ知りたい!」

さまざまな場に関わることができるのは「協力隊」ならでは。地域の福祉の現状を知る機会にも。

「ふれあいサロンに参加し、一人暮らしのお年寄りが沢山いることを知った。活動してみて、地区ごとに本当に地域性があるなあと実感。地区の垣根をこえて活動できるのが協力隊。橋渡し的存在になれればいいと思う。

お茶飲みも、協力隊にとっては立派な活動です。昔話を聞いたり、料理を教えてもらったり、長く生きてきたからこその知恵があり、そこから学ぶことは多いはず。また、地域のお年寄りにとって、若い協力隊の存在は元気の源になっています!

0216写真③

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ