緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

ふるさとQ&A

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

⑤協力隊はどのような暮らしをしているの?<休日の過ごし方編>

協力隊は、「仕事」という位置づけではありませんが、「休日」も設定されています。休日は、受入先自治体の規定に準じて決められており、原則は「土日」となっています。しかし、都会の仕事と同じような「オンオフ」を考えていると、農山村でギャップを感じるでしょう。

休日だからといって、遠くへ遊びに出かけるのではなく、協力隊としての1年間は、あくまで「地域のなかで暮らす」ことが基本です。農山村では、土日こそ、地域行事やイベント、集落の草刈りや会合など…地域の人たちが集い、顔を合わせる機会が多くあります。ふるさと協力隊はそんな場にも出ることで、住民との関係やつながりができていくので、積極的に参加するようにします。
s-0219写真①
実際、どのように過ごしているかというと…

「活動が休みの日でも何かしらの行事や食事に誘われて参加していました。吹奏楽の練習に参加したり、鹿皮をもらって自分でなめしたり。村の伝統行事の舞や笛の練習などが休日に入ることもしばしばでした。」

こんなことも。

「活動からの帰り道、畑しごとをしているおばあちゃんに出会って、そのままお手伝い。活動の後に、誘われて太鼓やフットサルの練習に参加したこともありました。」
 
季節によって、忙しさに差が出ることも。

「9月は、収穫時期。稲刈りをたくさん手伝いました。その他にも地区の運動会や敬老会など、毎週のように地域行事が重なり、忙しい日々が続き、地域全体もせわしない雰囲気でした。」

地域にとけこんでいくにつれ、活動と休日の区別がつきにくくなる隊員も多くいます。かと言って、休みなく動き続けていては体が持ちません。土日に行事があったら、代わりの日に休息をとるなど役場の担当者とスケジュールを調整します。

協力隊としてさまざまなところに出かけていくことも大事ですが、まずは体が資本!無理をして体調を崩すことのないよう、自己管理しながら、活動していってほしいと思います。
s-0219写真②

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ