緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

ふるさとQ&A

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

⑥協力隊になったらどのような活動をするの?<食の魅力編>

協力隊が暮らす農山村では、地域ごとにさまざまな食文化があります。人々が生きる基本である「食」について、私たちが普段食べているものが、どこでどのように作られているかを知っている人はどのくらいいるでしょうか?
s-0223写真①s-0223写真②

隊員は、地域の特産物を扱う道の駅や直売所で活動することもあります。

「直売所にいると地域の古い食文化だとかお正月の迎え方だとかを知る機会が多くておもしろい。お雑煮の中身は白菜が中心だったり、味噌が入っていたり、新しい味に出会え、私も作ってみたいと思った。」

また、実際に「生きもの」を自らさばいた経験をする隊員もいます。

「シカをさばきました。まだ温かさの残るシカを一つずつの過程を経て、肉にしました。“命をいただく”という言葉の本当の意味が分かった気がします。」

「何度か鹿肉をいただいたり、さばかせてもらっていたが、今回初めてわなをかけるところから生きた鹿を殺し、さばき、肉と毛皮をつくるところまで、全てを見て、できるところはやった。「食育」は、生き物をいただいている事実をしっかり理解することがその第一歩だと思う。」
s-0223写真③

隊員にとって、こうした経験は、「命」をいただいて自分たちの食が支えられていることを学ぶ機会になります。また、特産品づくりや特技を生かしてパッケージなどをデザインする隊員もいます。料理やお菓子作りが好きな隊員は、地域のものを使ったレジピを考案することもあります。このように農山村は、活躍のチャンスが多くあふれています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ