緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

体験談とその後の人生

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

【11/5(土)協力隊OBOGが語る!】 福島県在住の緑のふるさと協力隊OBOGが神保町へやってきます!

福島県×田舎暮らしの本コラボセミナー
~ 福島で見つける“農的な仕事と暮らし” ~

福島県で活躍する15期のOB浅野健児さん、義元みかさんが移住者としてトークセッションに登場。
浅野さんは喜多方市在住。雑穀を育て、食堂や民宿で提供し、「雑穀王子」の愛称でも親しまれています。
また、義元さんは派遣先だった天栄村で「天栄むすびや」として農村交流活動を展開するなど、活躍されています。

“ふるさと協力隊のその後”が気になる方、ぜひ足を運んでみてください!
お問い合わせは「福が満開、福しま暮らし情報センター」へ

TEL 03-6551-2989
<参加申込フォームはこちら>
参加費無料、定員30名とのことです!

1612_%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e7%9c%8c%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88a4%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7_b

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ