緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

ふるさとQ&A

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

なにがちがうの?「緑のふるさと協力隊」と「地域おこし協力隊」<その3>

「緑のふるさと協力隊」から「地域おこし協力隊」へのススメ

【「ふるさと」をステップに「地域おこし」へ】
2回に分けて、「緑のふるさと協力隊」と「地域おこし協力隊」の違いをお届けしてきました。
活動形態や、活動の幅に違いがあることをお伝えしましたが、実は「緑のふるさと協力隊」に参加した後、「地域おこし協力隊」になった人もいます。
これまでに30人近くの方が1年間の経験をステップに「地域おこし協力隊」になりました。

地域づくりは決して1人で始められるものではなく、地域の人たちとの関係性が重要になってきます。
緑のふるさと協力隊として地域住民の一員となって幅広い活動を行い地域に溶け込むことで、地元の人たちとの信頼関係が生まれてきます。
そうしてできた信頼関係を生かし、地域おこし協力隊として取り組むと、スムーズに活動に入れるのではないでしょうか。

「ふるさと」から「地域おこし」になった先輩たちの言葉を紹介します。
imgp0865
◎地域おこし協力隊として活動するOBOGのコトバ◎
『地域おこしからいきなり農山村に入り、仕事として地域で活動するのと、1年農山村で活動した経験がある中で、地域おこしになってからの活動のしやすさが圧倒的に違う。地域に住んでいる人以上にその地域を知ることができるようになるので、新しいことを始めようとするときも、この人に相談すれば良いとか、地域の人々を最初から良い意味で巻き込める状況になっていることが大きな強みだと思う』(30代、男性)

『地域おこし協力隊のようにいきなり農村に入っていくのではなく、研修もしっかりしているので、“農村に入る”姿勢を学んでいるから、農山村で生き抜く術を身につけられる』(20代、女性)

————————————–

「ふるさと」で地域にどっぷりつかり、暮らしや住民とのつながりを築いているからこそ、そこで求められている役割を理解し特定のミッションにまっすぐ向かっていくことができると言えるでしょう。

p1020473

農山村に興味や関心があるものの、どう入っていいか迷っている方、まずは「緑のふるさと協力隊」から始めてみませんか?
来年度(第24期)緑のふるさと協力隊 参加者募集中!

 

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ