緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

最新情報

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

エキサイト☆ふるさと2017 開催しました!

3月16日(木)~19(日)、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)にて第23期の活動まとめとしての総括研修を、また3月18日(土)には活動報告会「エキサイト☆ふるさと2017」を開催しました。
報告会当日は約150人の方々に足を運んでいただき、隊員たちの活気にあふれた報告を聞いてもらいました。
当日の様子を、地球緑化センターインターン・中尾梨穂さんのレポートでお伝えします。

————————————————————————————————-
報告会では、『自然と共に生きる~私たちが見つけた地域の”たから”』、『人に魅せられ、人に学ぶ~つながりが教えてくれた”生きる”の楽しさ』、『胸をはって生きていく~私たちの進む未来』、『まだまだ工夫の余地あり!地域のこれから』の4つのテーマに分かれ、緑のふるさと協力隊として過ごした1年間を振り返り、協力隊としての活動の意義や、農山村の魅力について発表しました。

地域紹介展示のブースでは、隊員たちが派遣先や活動内容について模造紙にまとめたものを、各地の特産品やパンフレット等とともに紹介しました。自治体の担当者や協力隊OBOG、次期隊員などが集まり、どのブースも隊員の話を聞く人でいっぱいになるほど、大変な盛り上がりをみせていました。

隊員の中には、私と同い年(21歳)で、休学して協力隊に参加したという人もいました。
このまま大学を卒業して就職するのが物足りない、もっと社会を知りたいと休学して協力隊に参加することを決めた隊員。海外に行く前にまずは日本の事を知らなければいけないと考え、農山村で日本の伝統芸能を自ら体験し、発信した隊員。

慣れない毎日に「帰りたい」と感じる時がありながらも、全国各地で頑張る同期に刺激を受け、自分にできることを精一杯やり遂げた隊員。
1年間の農山村での暮らしを終えた彼らの姿は、たくましく、とても輝いて見えました。目的を持って新しい世界に飛び込み、成長してきた隊員たちの姿に刺激を受け、私も自分の生き方について改めて考えてみようと思えました。また、話を聞いているうちに、農山村での生活にも魅力を感じ、将来の選択肢として加わりました。

インターン 中尾梨穂(中央大学3年)
————————————————————————————————-

地域の魅力や受入先の人々の温かさに支えられた「第二のふるさと」での経験は、隊員たちを大いに成長させてくれたことと思います。
復学や就職、農山村に定住を決めた人など、これからの進路はそれぞれですが、どの隊員も農山村での経験と支えてくれた方々からの思いを胸に、社会に貢献してくれることでしょう。
彼らの活躍に期待し、今後とも温かく見守っていただければ幸いです。

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ