緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

最新情報

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

第26期協力隊・中間研修

9月5日(木)~7日(土)の2泊3日の日程で、第26期「緑のふるさと協力隊」の中間研修を行いました。


4月の事前研修後、それぞれの派遣先で活動していた隊員たちにとっては、約5カ月ぶりとなる同期との再会。

日焼けした姿やたくましい顔つきだけでなく、柔らかな表情や明るい雰囲気など内面の変化も感じることができました。

中間研修は2泊3日と短いものの、それぞれの活動内容や地域のことを情報交換し、前半を振り返っての個人発表、そして地域の魅力を探るグループワークも実施。
「前半を振り返る中で、自分が感じたことや強く思ったことを再認識することができた」
「半年の間で、みんながどんな活動をしていたのか、たくさん聞くことができた。LINE上だけではなかなか知ることができないこともあるので、本人の口から楽しそうに話しているのが素敵だと思った」


そして3日目(最終日)には、後半の活動に向けての目標を同期の前で発表し、隊員たちはそれぞれの派遣先へ。

普段は離れた場所で活動内容も異なっていても、思いを共有できる同期の仲間がいることを強く感じられた中間研修になったようです。
限られた時間でしたが、顔を合わせて話すことで、お互いに刺激をもらい、後半の活動に向けて気持ちを新たにしました。

お忙し中隊員の発表を聞きに来ていただき温かいメッセージをいただいた皆様、「里帰りの夕べ」に駆けつけてくれたOBOGの皆様、本当にありがとうございました。

引き続き、26期「緑のふるさと協力隊」への応援をよろしくお願いします!

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ