緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

農山村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

ひとりじゃない、1年間

「緑」ってつくから林業をガッツリやるボランティア?それとも農業研修?

いえいえ、緑豊かな田舎に1年間暮らしながら、多彩な活動を行うのが「緑のふるさと協力隊」。行政・NPO・若者の三者がスクラムを組んで地域づくりに取り組むプログラムです。

行政とは、○○村や☆☆町、△△市といった地方自治体の役場。隊員の活動を調整したり、日常の暮らしや活動の相談にのったり、住環境を整えます。
NPOは地球緑化センター。このプログラムを立ち上げました。プログラム全体の調整・サポートを行っています。つまり、地域とあなたをつなげるコーディネーターです。

挑戦したい時が飛び込むチャンス!

そして若者とは、もちろんあなたです。「田舎に興味がある」「地域おこしに関わってみたい!」という思いを持つ若者を地方自治体につないでいます。

協力隊として過ごす1年間は、その地域のなりわいや四季の暮らしを通して田舎について深く知り、地域づくりの経験を積むことができる絶好の機会といえるでしょう。

0126 (8)

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ