緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

月5万円の暮らし

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。

シンプルな暮らしへ

協力隊には住居と水道光熱費、活動のための車両が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。

これは、作業に対する報酬ではなく、隊員が暮らすために必要な生活費です。スーパーやコンビニで必要なものは何でも「買う」生活になれてしまうと、「5万円じゃ足りない!」と不安に思う人も多いかもしれません。

毎日が、生きる力を育むレッスン

しかし、田舎には「買う」より「工夫する」という暮らしの知恵を学ぶ機会がたくさんあります。例えば、自分が食べる分の野菜は自分で育ててみる。自分で作った野菜はより美味しく感じるはずです。技をもつ達人に教われば、木や竹など地域にある資源を使って、棚やカゴを作ることもできます。

あなたが頑張っている姿を見て、「これ持ってけ」とお米や野菜のおすそ分けがあったり、「おかずが余ったから」とご近所から届いたり。

田舎ならではの人のつながりが暮らしを支え、5万円だからこその心豊かな毎日が過ごせます。
0126 (42)

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ