緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

地域×あなた=∞

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

「あなたらしさ」が地域で活きる

協力隊の活動は、特定のミッションに取り組むタイプの活動ではありません。農林業から観光、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様なお手伝いをするのが特徴です。

豪雪地帯なら雪かき、夏場は草刈りなど一見地味ではありますが生活維持に欠かせないことにも関わります。しめ縄作りや竹・わら細工などの手仕事を学んだり、農村歌舞伎や神楽など地域に大切に伝えられてきた年中行事に関わったり。

市役所・町村役場または支所が協力隊の受入窓口となり、そこの職員が「受入先担当者」として協力隊の活動の調整や暮らしをサポートします。活動や暮らしに慣れて余裕が持てるようになれば、担当者とよく相談して、自分の特技や関心をいかした活動にも取り組むことができます。

「醍醐味は?」「出会い!」

赤ちゃんからおじいちゃん・おばあちゃんまで、活動を通して多くのすばらしい出会いがあります。都会とは違った地域密着型の活動と暮らしが協力隊ならではの醍醐味と言えるでしょう。

一生懸命に活動する隊員を、地域の人々はあたたかく受け入れてくれます。互いにギャップを感じることもあると思いますが、「あなた」という新しい風が地域に化学反応を引き起こし、多くのドラマが生まれます。

0126 (77)

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ