緑のふるさと協力隊

地域おこしで新しい人生を。田舎暮らしのはじめの一歩。隊員募集中!

4割が定住

1年間!チャレンジ

1年間!チャレンジ

村の地域づくりに取り組むプログラム「緑のふるさと協力隊」。豊かな自然の中で人とつながり、五感をフル稼働する、あなただけの1年間プロジェクト。

月5万円の暮らし

協力隊には住居と水道光熱費が用意され、毎月5万円の生活費が支給されます。畑で野菜を作ったり、ご近所からおすそ分けが届いたりと、ちょっとの工夫で心豊かな生活が送れます。
月5万円の暮らし
地域×あなた=∞

地域×あなた=∞

農林業から観光、地域行事、福祉や教育分野に至るまで、地域社会を支える多種多様な活動に取り組みます。どんなことができるかはあなたのやる気次第!

26年間・786人

1994年から26年間、農山村へ飛び込んだ若者は786名。その数は小さな村ができるほど。スキルや経験はなくとも研修や相談であなたをバックアップ。
26年間・786人
4割が定住

4割が定住

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が農山村に定住しており、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

住民と共に暮らし、語り、動くことで見えてくる具体的な将来像。その結果、活動終了後は約4割の隊員が田舎に自分の生きる場所を見出し、農林業や地域づくりの担い手として活躍しています。

新しい仕事観や人生観との出会い

住民と共に暮らし、語り、動くことで、仕事、生き方の具体的なイメージを描くことができます。その結果、活動終了後は農山村に定住するなどし、農林業、行政、観光、福祉、NPO法人など様々な分野で活躍しています。そして、青年団や自治会、後継者不足の伝統芸能にも関わりながら、地域の中核を担い始めています。

田舎での暮らしを通して、「どこかに就職する」という視点での進路選択ではなく、働くことも生きることの一部であり、どこで、どうやって生きるかという視点に立てるのが特徴です。1年間見守っていてくれた地域の人たちも、あなたの夢を応援してくれます。

そこはもう、あなたのふるさと

活動が終了しても地域との関係は終わりません。1年間暮らした地域は、あなたにとって「第二のふるさと」。まるで地域がひとつの家族のような、あたたかくて、いつでもふらっと「帰れる」場所になるはずです。また、電話や手紙が来たり、お米やリンゴが届いたりなど、離れていてもその地域とつながっているうれしさを感じることでしょう。

資料請求





* は必須項目となります。

・お名前*  

・ふりがな* 

・メール*  

・郵便番号 

・住所*   

・電話*   

・性別*   

・年齢   

・職業*   

・メッセージ